プレスリリース

2019年9月3日

ルーブリック・ジャパン株式会社

コムテック株式会社がルーブリック製品を採用

~管理時間の大幅削減、IT環境の簡略化等を実現~

マルチクラウド・データ・コントロールのソリューションを提供する米国ルーブリック社の日本法人であるルーブリック・ジャパン株式会社(東京都千代田区)は、IT運用やビジネス・プロセス・アウトソーシングを手掛けるコムテック株式会社(以下コムテック、本社:東京都港区)が、自社データのバックアップ・管理・保護ソリューションとして当社のアプライアンス製品である〈Rubrik Cloud Data Management〉を導入し、優れたパフォーマンスを実現したことを発表いたします。

コムテックは、多くのシステムを仮想環境上で運用していますが、ルーブリック製品導入以前のバックアップ・ソリューションでは管理が複雑なだけでなく、クラウドへの移行が難しいという課題を抱えていました。現在コムテックは、仮想環境に対するデータ保護の約80%をルーブリック上で管理しているほか、ルーブリック製品を導入したことで以下のような効果を得ています。

導入の効果

  • 管理に要する時間を50%削減
    ルーブリックの導入により、一日平均30分以上を要していたバックアップなどデータ保護関連の管理が約15分以下に短縮されました
  • データセンターで使用するラック・スペースを90%以上削減
    以前は、アプライアンスの設置スペースとして30U(ユニット)に及ぶスペースを占有していましたが、ルーブリックとクラウドへのアーカイブに切り替えたことにより、2Uにまで大幅に削減されました
  • TCO(総保有コスト)を15%削減
    今後5年間でTCOを少なくとも15%削減できる見込みで、IT予算のより効果的な活用に貢献します
  • AWSへのシームレスなクラウド・アーカイブ
    ルーブリックによりAWSへの簡単な移行が可能となり、SLAを容易に設定できるようになった他、レプリケーション実現の際にセカンダリ・サイトを用意する必要もなく、結果的に経費節約となりました
  • 初期設定時間の短縮
    導入時の初期設定が簡単で、初期設定に要する時間は以前のソリューションの3分の1まで短縮されました
  • 自動バックアップによる管理の合理化
    ルーブリックでは、SLAを一度設定することで、追加されたVMは自動でバックアップされるため、複雑な管理は不要となります
  • 検索機能による、きめ細やかなリストア

ユーザーが使いやすい直感的かつレスポンスの良いルーブリックの検索機能により、数秒でファイルをリストアすることができます

コムテックの情報システムグループでデータ保護の管理を担当しているマネージャーの後藤昂軌氏は、「ルーブリックのクラウド・データ・マネージメント・ソリューション、およびルーブリックが提供する自動化されたワークフローと、使いやすいツールにより、当社環境におけるバックアップやデータ保護に関する一連の作業を、完全に合理化することに成功しました。これにより、今では満足できるSLAが実現し、運用に大きな信頼をおけるようになりました」と述べています。

導入事例ページ

https://www.rubrik.com/wp-content/uploads/2019/08/Customer-Success-Rubrik-and-COMTEC-J.pdf

ルーブリックについて

Multi-Cloud Data Control™のソリューションを提供するルーブリックでは、企業においてデータセンターやクラウド間で断片化が進むデータの価値を最大化します。 ルーブリックは単一プラットフォームにポリシーを設定することで、データ復旧、ガバナンス、コンプライアンス、クラウドモビリティに対応します。 

Webサイト: https://www.rubrik.com/ja/

本社公式Twitter: @rubrikInc

ルーブリック日本法人Facebook: https://www.facebook.com/Rubrik.JP

本件に関するメディアの方からのお問い合わせ先:

ルーブリック・ジャパン  広報担当 エイレックス 田中・稲川

TEL:03-3560-1855    E-mail: [email protected]