Party background image

Rubrik Polaris

次世代型データ管理アプリケーションを可能にする業界初のSaaSプラットフォーム。 動画を見る

課題

すべてを断片化するクラウド。

アプリケーションやデータは互いに切り離された状態で複数の場所やサービスに分散しています。

この断片化した世界では、管理の維持、ガバナンスの適用、コンプライアンスの順守が不可能になりつつあります。

データ・センター

Polaris SaaSプラットフォームの登場

システム・レコードの統合

Polarisはすべてのビジネス情報を検出し、整理し、利用可能な状態にします。情報がどこにあるかは関係ありません。

この統合されたシステム・レコードには、以下が含まれます。

  • グローバル・コンテンツ・カタログの検索、セキュリティ、およびワークフローのオーケストレーション。
  • Rubrikおよびサードパーティー開発者向けのネイティブなプラットフォーム機能を提供するオープンなAPIアーキテクチャ。
  • コントロール、オーケストレーション、データ・インテリジェンスに対応する次世代型のデータ管理アプリケーション用プラットフォーム。

メリット

単一組織化の原則による統合

統一されたフレームワークを使用して、データセンターおよびクラウド全体にわたってすべてのアプリケーションとデータをつなげます。場所に関係なく、検索、オーケストレーション、およびセキュリティ保護が可能です。

実用化までの
時間の短縮

インフラストラクチャは必要ありません。厄介な修正プログラムや面倒なアップグレードも不要です。最新機能をすぐに利用できます。

非構造化データの
ロックを解除

あらゆる種類のデータに同じロジックを適用できます。技術的プロセスではなく、ビジネスの成果に重点を置くことができます。

ブローカー・オンデマンド・サービス

ITを構築する必要はありません。API駆動型の接続により、差別化サービスの提供をすばやく開始できます。

自動化されたコンプライアンスによるリスクの軽減

固有のポリシーを定義できます。Polarisは、これらのポリシーをすべてのビジネス・アプリケーションにグローバルに適用します。

Polarisの利点

チーフ・テクノロジストであるChris Wahlが、CEO兼共同創立者であるBipul Sinhaとの対話の中で、デジタル・トランスフォーメーションやクラウド化へ進むためのになぜレコード・システムが単一であるべきなのかについて語ります。

新しい技術の誕生。

Don’t Backup. Go Forward.

セールスへのお問い合わせ