機密データへのアクセス検出

機密データの漏洩を軽減

どのようなタイプの機密データがどこにあり、誰がアクセス権を持っているかが分かります。GDPR、PCI-DSS、HIPAA、GLBAといった規制に準拠できます。

img
メリット

機密データを編成して安全を確保

機密データを把握できていないことが、脆弱性や不必要なインシデント対応費用につながる場合があります。Rubrikの機密データへのアクセス検出機能がバックアップのスナップショットをスキャンし、ファイルやアプリケーション内の機密データを特定することでコンプライアンスに準拠できるようにします。

ポリシー運用の自動化

監視対象のPIIなどの機密データのタイプを選択すれば、あとはRubrikが分析します。

データ漏洩の評価

データ漏洩などの不正アクセス時に漏洩した可能性のある機密データを特定できます。

コンプライアンスの促進

規制要件に準拠し続けるため、機密データがどこにあり、誰がアクセス権を持っているかを記録できます。
Analyst Report

Rubrikが再度リーダーに選出されました。

3年連続で、ガートナーはマジック・クアドラントのエンタープライズ・バックアップ/リカバリ・ソフトウェア・ソリューション部門で、Rubrikをリーダーに選出しました。

2022 Gartner Magic Quadrant
Adobe
img
img
img
img
img
img
img
自動ポリシー

ポリシーの自動適用

定義済みのテンプレートを使って独自のポリシーを作成することで、実稼働環境に影響を与えることなく、機密データを迅速に特定し、分類できます。

リアルタイムアラート

ポリシー違反のアラートの受信

データにポリシー違反の可能性がある場合、Rubrikがアラートを出します。定期レポートをスケジューリングすることで、GDPR、PCI-DSS、HIPAA、GLBAといった規制にも準拠できます。

 

img
漏洩の特定

データ漏洩の特定

名前や社会保障番号、クレジットカード番号などのキーワードやカスタムフィールドを使って兆候を検索し、漏洩やリスクの可能性を特定できます。

img

データリスクを軽減するための5つのヒント

データを保護し、機密データの漏洩リスクを最小化して、ランサムウェア攻撃時にすばやく復旧できるようにするための5つのヒントを作成しました。

img
各種資料

関連資料を探す