MICROSOFT 365

Microsoft 365のデータを安全に保護

企業にとって重要なMicrosoft 365のデータをサイバー攻撃や誤った削除から守ります。Exchange Online、OneDrive、SharePoint、Teamsなどのデータをすばやく復元できます。

メリット

Microsoft 365データの安全確保

完全に隔離された環境と書き換え不可(イミュータブル)機能によるデータレジリエンス、さらに大規模かつ迅速な復元により、お客様のMicrosoft 365アプリケーションのデータに確かなサイバーセキュリティを提供します。

Secure your data

高いサイバー攻撃耐性

ミッションクリティカルなMicrosoft 365のデータを書き換え不可の特性と論理的に隔離された環境によって守ります。たとえハッカーが本番データを削除しようとして、保持ポリシーなどMicrosoftのセキュリティツールを操作したとしても、バックアップは安全に保護されています。

自動保護とリスク管理

大規模なMicrosoft 365環境に対して、自動的にポリシーを割り当て、ジョブ管理を行います。セキュリティギャップが生じないよう、新規データの保護を自動で開始し、機密データの漏洩リスクを特定します。

すばやく復旧

高速な検索・リストア機能により、必要なデータを探し復元します。柔軟な復元オプションで、きめ細かいレベルでのデータ復元や一括リカバリを選択できます。

eブック

RubrikとMicrosoftによるMicrosoft 365向けゼロトラストデータセキュリティ

サイバー攻撃などの脅威への対処には、2つのシフトを持つアプローチが必要です。詳細はeブックをダウンロードしてご確認ください。 

Cybersecurity
サイバーセキュリティ態勢

信頼できるサイバープロテクションの実現

MicrosoftとRubrikの連携により、お客様のデータに確実な保護を提供します。Microsoftが電子情報開示向けの境界セキュリティ、検知、保存機能を提供し、Rubrikが何百または何千人というユーザーのランサムウェアからの復旧を加速します。

M365

論理的に隔離された環境によるセキュリティ

ランサムウェアの脅威アクターや不正ユーザーによってID防御が破られたとしても、RubrikはバックアップデータをMicrosoft 365のテナントとソリューションから切り離し、隔離して保持しています。

管理者への安全なアクセス権の付与

ロールベースアクセス制御(RBAC)を用いてユーザー権限を割り当て、最小権限の原則を維持し、不正アクセスを防止します。

攻撃者を阻止

Microsoft 365の管理認証情報が漏洩したとしても、多要素認証(MFA)で不正アクセスを防止します。

データリスクの低減

攻撃範囲を把握できます。異常検知機能により、削除、改ざん、暗号化を検知します(近日公開予定)。機密データの監視と管理機能により、機密データの漏洩リスクを特定します。

人為的ミスによる削除への対処

誤って削除したデータの復元

重要データをすばやく検索してリストアします。eディスカバリーや訴訟ホールド、あるいは「$Recycle.Bin」フォルダ(ゴミ箱)やバージョン管理で変更を元に戻す機能に頼らなくても、60日または90日以上経過したファイルでも、確実に取り戻せるようにします。

Centralize Management

必要なデータを迅速に特定

電子メールの件名や作成者などの情報を基にファイルを検索できます。個人ファイルや個人メール、共有メールボックスやOneDrive全体のフォルダーも、日数単位ではなく、数分から数時間で検索できます。

望む場所にデータをリストア

リストア先は作成者でも別のユーザーでも選べます。Azure Blob StorageのRubrikインスタンスはAPIコールで所定の場所にデータを復元します。

リストア性能の向上

Rubrikはバックアップのジョブごとに個別のコンテナを立ち上げ、Azure Kubernetes Service(AKS)のオーケストレーション機能がプロビジョニングとプロビジョニング解除を実行します。ノードはワークロードの要求に合わせて自動で拡張します。
シンプルな保護

管理とスケーリングの統一

Microsoft 365に加え、バックアップが必要なその他のワークロードの管理とレポートを一元化します。単一のSaaSアプリケーションにより、データ保護を統合します。SaaSやハイブリッドクラウドなどクラウド環境全体のワークロードに、同一UIから1つのポリシーを適用することで、手動で行っていたジョブスケジューリングから解放されます。 

Recover from accidental data deletion

新規のユーザー、サイト、メールボックスなどの自動保護

エンタープライズ規模の自動保護機能によって、拡大を続ける環境のニーズに対応できます。Rubrikは新規のユーザー、サイト、チームを自動検知します。 

柔軟なセキュリティオプション

アプリケーションレベル、あるいはAzure ADグループごとに、保護ポリシーを割り当てることができます。 グループSLAを無効にし、毎日複数回バックアップを行うことで、きめ細かいユーザーごとの保護を実現します。
可視化と管理

アプリケーション全体のコンプライアンスを監視

IT管理者が、IT管理者向けに設計した単一のダッシュボードで保護の全体状況を確認し、データを保護するとともにデータ損失を防止します。

img

バックアップの実行を保証

コンプライアンス、SLA監査、復旧タスクの状況を確認できます。必要に応じてレポートをエクスポートするか、定期的に受信トレイに配信するように設定することも可能です。

コンプライアンスの維持

API障害とエラーに自動で対応します。完全に自動化されたRubrikのリトライ機能と使用可能な複数のMicrosoft API間での切り替え機能におまかせください。

Microsoft 365の障害検知

ユーザー環境に特化したMicrosoft Service APIに基づいて障害を判断する診断でトラブルシューティングを簡略化できます。
各種資料

関連資料を探す

セーフハーバー
本ページで言及している未公開のサービスや機能は現時点では利用できません。公開時期等はRubrikの単独の裁量により決定され、予定どおりに一般公開されない可能性も公開が中止される場合もあります。ここで言及されるいかなるサービスや機能もRubrikが提供を約束するものではなく、その責任や義務を意味せず、いかなる契約にも含まれません。現在一般公開されているサービスや機能に基づいて、購入の意思決定を行うようにしてください。