Google Cloud向けのバックアップと復元の機能を最新化

Google CloudでRubrikを活用したクラウドネイティブなデータ保護によって、面倒なスクリプト作成や手動によるジョブスケジューリングを運用からなくすことができます。Google Cloud向けのRubrikの復元およびバックアップツールを使って、複数の地域にまだがるバックアップ、復元、複製のスケジュールを自動化しましょう。

一元管理

サイロ化された管理ポイントでもハイブリッド環境やマルチクラウド環境でも可視性とコンプライアンスを一元的なUIで管理できます。

クイックスタート

数秒で導入でき、複雑なインフラストラクチャは不要です。Google Cloud APIとの連携により、GCEインスタンスのバックアップも自動化できます。

自動レジリエンス

ポリシードリブンの自動化でビジネスSLAを満たし、クラウドストレージアカウント内にある書き換え不可のスナップショットによるデータ管理をすることで、瞬時のディザスタリカバリを目指すことができます。

SaaSベースの自動検出機能

 

複雑なインフラストラクチャを使用せずに、最小限の権限を利用し、セキュリティのベストプラクティスを守りつつ、すべてのGCPプロジェクトを自動的に検出し、保護するプロジェクトだけを簡単に選択できます。ほんの数回クリックするだけで、最大規模の環境でもワークロードの保護を開始できます。データはクラウドアカウント内でのみ保存されるため、セキュリティレベルの向上が期待できます。 

SaaS-Based Auto Discovery

GCPプロジェクトの自動保護

 

一貫性のあるバックアップポリシーをグローバルに適用することで、プロジェクト全体またはプロジェクト内のインスタンスとディスクを保護し、それらのポリシーを複数のクラウドに気軽にマッピングできます。GCPラベルを利用すると、さらにポリシーの割り当てを大規模に実施して、新たに展開されたリソースを自動的に保護できます。

Backup GCP

迅速な復元

 

たった2回のクリックで、最も厳しい復元目標を達成して、ほぼゼロのRTOで復元することが可能です。 

Rapid Recovery

Google Cloudのデータをさらに活用

アプリをGoogle Cloudに移行する際、Rubrikは仮想アプリケーションやワークロードのバックアップ、復元、さまざまなアプリケーションと対象領域の柔軟なアーカイブなど、重要なデータ管理機能をすべて一括で調整できます。

データのアーカイブ

長期保管するアプリケーションデータをNearlineまたはColdlineストレージに送ります。また、リアルタイムの予測検索により、アーカイブ済みデータへの瞬時のアクセスも確保されています。

クラウドネイティブな保護

ネイティブなスナップショットとAPIベースのデータ保護でGoogle Cloudインスタンスのバックアップと復元プロセスを最新化します。