GCPのネイティブ保護

Google Cloudでのネイティブなバックアップと復元

Google Cloudでのバックアップと復元をシンプルにして、自動化します。Rubrikのポリシーベースのデータ保護によってデータ損失が最小限に抑えられ、バックアップやデータの復元などの操作を効率化することができます。

メリット

Google Cloudでのバックアップと復元の最新化

Google Cloudに対して、Rubrikのクラウドネイティブなデータ保護を用いることで、面倒なスクリプト作成や手動によるジョブスケジューリングが不要となります。Google Cloud向けのRubrikの復元およびバックアップツールを使って、複数の地域にまたがるバックアップ、復元、複製のスケジュールを自動化しましょう。

video_splash_message
視聴する

一元管理

サイロ化された管理ポイントを1つのユーザーインターフェースで統合することで、ハイブリッドクラウド環境やマルチクラウド環境を可視化し、コンプライアンスを一元的に管理できます。

クイックスタート

数秒でデプロイでき、追加のインフラストラクチャは不要です。Google Cloud APIとのネイティブな連携により、GCEインスタンスのバックアップも自動化できます。

自動化によるレジリエンス

ポリシードリブンの自動化を用いて、SLAを達成し、クラウドストレージ内にある書き換え不可のスナップショットによるデータ管理で、迅速なディザスタリカバリを実現できます。
各種資料ガイド

ゼロトラストデータセキュリティの決定版ガイド

このeブックでは、Rubrikのゼロトラストデータセキュリティの基盤となるテクノロジーについて詳しく紹介し、Rubrikがどのようにして攻撃に対する最大限の保護と、ランサムウェア攻撃からの迅速な復旧を実現しているかを説明しています。

img

SaaSベースの自動検出機能

インフラを追加しなくても、すべてのGCPプロジェクトを自動的に検出し、保護すべきプロジェクトを選択できます。すべては最小権限の原則に従い、セキュリティのベストプラクティスに沿って行われます。ほんの数回クリックするだけで、大規模な環境でもワークロードの保護を開始できます。データはクラウドアカウント内でのみ保存されるため、セキュリティレベルの向上が期待できます。 

img

GCPプロジェクトの自動保護

一貫性のあるバックアップポリシーをグローバルに適用することで、プロジェクト全体またはプロジェクト内のインスタンスとディスクを保護し、複数のクラウドにマッピングできます。GCPラベルを利用することで、ポリシーの割り当てをさらに大規模に実施し、新たにデプロイされたリソースを自動的に保護できます。

img

迅速な復元

わずか2回クリックするだけで、最も厳しい復元目標を達成して、ほぼゼロのRTOで復元することが可能です。 

img

Google Cloudのデータをさらに活用

アプリをGoogle Cloudに移行する際、Rubrikは仮想アプリケーションやワークロードのバックアップと復元、さまざまなアプリケーションと対象領域の柔軟なアーカイブなど、重要なデータ管理機能をすべて一括で調整できます。

データのアーカイブ

長期保管するアプリケーションデータをNearlineまたはColdlineストレージに送ります。また、リアルタイムの予測検索により、アーカイブ済みデータへの瞬時のアクセスも確保されています。

クラウドネイティブな保護

ネイティブなスナップショットとAPIベースのデータ保護で、Google Cloudインスタンスのバックアップと復元プロセスを最新化します。

Resources

関連資料を探す