脅威の監視と追跡

マルウェアを検知して再感染を回避

データの履歴を分析してセキュリティ侵害の兆候をとらえ、初期ポイント、範囲、感染時刻を明確にすることで、マルウェアの再感染を阻止します。

img
メリット

脅威の検出

最初に感染したのはどのシステムか、いつ感染したかを特定するのは難しい場合があります。Rubrikの脅威追跡機能はバックアップのスナップショットを分析し、復旧中にマルウェアに再感染しないために役立つ情報を提供します。

スキャンして脅威を検出

パターン、ハッシュ、ルールを使ってバックアップをスキャンすることで、セキュリティ侵害の兆候を検出します。

復旧ポイントを簡単に選定

バックアップを分析することで、復元に使用するための感染していないクリーンなスナップショットを正確に特定できます。

マルウェア再感染を回避

分析情報を活用することで、マルウェアに再感染するリスクを回避して迅速に復旧できます。
マルウェアの特定

マルウェアの検知

ファイルパターン、ファイルハッシュ、YARAルールを使ってバックアップをスキャンすることで、バックアップ内の全オブジェクトを対象に、セキュリティ侵害の重要な兆候を探ります。

img
スナップショットによる復元

安全な復元ポイントの特定

バックアップスナップショットの時系列履歴を分析して、クリーンであると考えられるスナップショットを正確に特定します。 

img
情報

調査のためのエビデンスを記録

IOCスキャンによる情報を活用して、内外のサイバー調査にエビデンスを提供します。

img
各種資料

関連資料を探す