vSphere環境を保護

運用効率をアップ

簡素化された管理

インフラストラクチャや場所に関係なく、簡単に仮想環境をバックアップ、復元、リロケートします。

クラウドモビリティとコスト削減

コスト効率に優れたアーカイブとテスト/開発をクラウドで利用でき、vSphere VMがAWSやAzureのクラウドインスタンスに自動変換されます。

復旧までの時間を短縮

復元時間を数時間から数分に短縮します。例えば、ヘルプデスクにリクエストを送らなくても、クローニングや復元ができます。

Clustering Deep Dive

継続的なデータ保護でデータ損失を最小限に

ゼロに近いROPを実現してデータ損失を最小限の抑える、Rubrikの継続的データ保護(CDP)でミッションクリティカルなデータを保護する方法をウェビナーでご紹介しています。ぜひご覧ください。

 

運用を自動化

vRealize Automationに対応するRubrik

エンドユーザーまたはヘルプデスクは、自動化されたバックアップ、瞬時の復元、テスト/開発、またはコンプライアンスなどが利用できます。

詳細情報

vCloud Directorに対応するRubrik

マルチクラウド、マルチサイト環境全体でデータ管理サービスのセルフサービス提供を加速化します。

詳細はこちらから

ポリシーベースの自動化

 

バックアップジョブを実行する代わりに、バックアップポリシーや保持ポリシーを簡単に設定できます。これにより、タグやクラスタ、フォルダなどを基に、SLAポリシーがvSphereグループに自動的に適用されます。

クラウドモビリティ

 

オンプレミスとクラウド全体でvSphere VMを活用して、アーカイブ、テスト/開発、アプリケーションのなどの移行に対応します。たった1クリックでAmazon EC2やAzure VMなどのクラウドインスタンスにVMを自動変換し、オンデマンドのクラウドテスト/開発を作成できます。

継続的なデータ保護

 

障害またはランサムウェア攻撃が発生したときに、Rubrikは復元ポイントの連続ストリームを可能にしてデータ損失を最小限に抑えることができます。これにより、VMware vSphereにてほぼゼロのRPOを実現します。

 

VMwareエコシステムのサポート

 

RubrikはvSphereワークロードとvSANワークロードにバックアップ機能と復元機能を提供します。これにより、vRealize AutomationおよびvCloud Directorと統合して、仮想化インフラストラクチャの保護を自動化します。