Rubrikは世界中のビジネスデータを保護しています

想像しうるあらゆる脅威からデータを保護できます。ランサムウェアや自然災害、運用時に発生する障害など、どのような脅威に直面していても、Rubrikが守ります。

Gartnerは、2025年までにIT企業の少なくとも75%が1回以上サイバー攻撃を受けると報告しています。
従来のバックアップや復旧関連製品はビジネスの負債となる可能性があります。なぜなら、これらはランサムウェアなどのサイバー攻撃の脅威には対応していないからです。RubrikのZero Trust Data Securityは、ハッカーに対する最大限の防御と攻撃からの迅速な復旧を実現し、不正アクセスのリスク抑制、機密データの特定、異常なアクティビティの検知、インシデントの封じ込めを行います。

データレジリエンス

ゼロトラストデータプロテクション

すべては重要なアプリとデータの保護から始まります。Rubrikは、攻撃者によるバックアップの検出を防ぎ、バックアップデータが暗号化されないようにします。また、VMやデータベースなどのバックアップへのアクセスは多要素認証によって制御します。

データオブザーバビリティ

機密データへのアクセス検出

データの安全が確保できたら、機密データの場所を特定します。Rubrikは、どのようなタイプの機密データがどこにあり、誰がアクセス権を持っているかの特定、分類、報告を行えるよう支援するため、GDPR、PCI-DSS、HIPAA、GLBAといった規制に準拠できます。

データオブザーバビリティ

ランサムウェアの調査

ハッカーによる攻撃は、「もし起きたら」という問題ではなく、「いつ起きるか」という問題です。なので、Rubrikはバックアップデータに異常な挙動や変更が行われていないかの分析をサポートします。攻撃時には、影響を受けたファイルやアプリケーションの範囲を把握できるようにします。

データオブザーバビリティ

脅威の特定

攻撃の範囲を把握したとしても、最初に感染したのはどのシステムか、いつ感染したかを特定するのは難しい場合があります。そこでRubrikでは、バックアップを分析して感染していないクリーンなスナップショットを正確に特定し、復旧中のマルウェアの再感染を回避できるようにします。

データ復元

体系的なアプリ復旧

Rubrikでは、攻撃、システム障害、またはどのような種類の災害が発生してもアプリケーションをオンラインで自動復旧します。そして、影響を受けた可能性が最も高いファイルやアプリケーションをリストアするため、復旧作業を簡素化できます。

「データの損失はゼロでした。
もちろんビジネスへの影響もまったくありません」

Rob Mole氏、Wed2B、IT・&ソリューション部門責任者