MICROSOFT AZURE

Microsoft Azureでのデータ保護

AzureのVMと管理ディスク、Azure SQL、Microsoft 365、Azure NetAppファイル、SQL Server、物理Windowsまたは仮想Windowsなど、Microsoftアプリケーション全体にわたって確実にデータを保護し、復元します。

Azure
RANSOMWARE PROTECTION

ランサムウェア攻撃からのデータ復元

サイバー攻撃に対し、Azureのデータに回復力があり、復元可能であることを保証します。責任共有とは、ユーザー個人のデータを保護する責任はユーザー自身にあることを意味します。Rubrikなら、論理的に隔離された環境とAzureとの強固なAPI連携により、データ損失を防ぎます。

Azure、データセンター、エッジの横断的管理

複数地域にまたがる何百ものサブスクリプションを単一の管理コンソールで簡単に管理できます。データは自動データを保護し、エンタープライズ、クラウド、SaaSにわたる手動のジョブスケジューリングから解放されます。

Microsoft Azureへ安全にアーカイブ

オンプレミスアプリケーションデータを長期間、Azureに送信できます。WORM状態のAzure Blob Storageにデータを階層化し、ストレージコストを最適化します。また、データをRubrik Cloud Vaultに送信・隔離し、Azure上に構築されたRubrikホストのクラウド環境でオフサイトコピーの作成が可能です。

Analyst Report

Rubrikが再度リーダーに選出されました。

3年連続で、ガートナーはマジック・クアドラントのエンタープライズ・バックアップ/リカバリ・ソフトウェア・ソリューション部門で、Rubrikをリーダーに選出しました。

2022 Gartner Magic Quadrant
WEBINAR

セキュリティ体制の強化:オーストラリア/ニュージーランドの業界の手法

Rubrikはゼロトラストが最高の防御だと考え、データレベルのセキュリティを採用しています。そこで、ゼロトラストの採用方法をご紹介しましょう。

Strengthening Security Posture: An A/NZ Industry Approach
CLOUD SOLUTIONS

Microsoft AzureにおけるRubrikのデータ保護

ランサムウェアからの保護、アプリケーション復元、クラウドアーカイブ、データ複製の機能をクラウド上でシンプルに守ることができます。

ランサムウェアからの保護

書き換え不可なAzureのVMと管理ディスク、完全に隔離されたAzure SQLのクラウドネイティブセキュリティ、Microsoft 365の保護、さらにSQL Serverデータベースの書き換え不可のスナップショットで、データの安全性を保ちます。

クラウド移行

クラウドへ移行すると、必要なときにすぐにデータを復元できるなります。テスト/開発環境として、VMからディスクへの自動変換により、オンプレミスのアプリケーションやワークロードのインスタンスをAzure上に作成できます。

長期保持

データを安全なストレージに保持し、要塞のように堅牢なクラウドアカウントに階層化することでコストを最適化します。Azureのホット層またはクール層へのアーカイブと同時に、予測検索による即時アクセス性を保持します。

さまざまな環境でのデータ複製

パブリッククラウド、Azureのアカウントとリージョン、エッジ環境、データセンター間で、グローバルSLAポリシーを使用してデータをコピーできます。
SECURITY CONTROL

サイバーレジリエンスを強化

論理的に完全に隔離された書き換え不可のスナップショットにより、Microsoft Azureのデータを不正アクセスから守ります。インフライト暗号化とアットレスト暗号化でデータを保護するので不安を一掃できます。

ストレージを自動で階層化

AzureのVMと管理ディスクを、ネットワークから完全に切り離された隔離型Azure Tenantに階層化します。Blobの書き換え不可の特性を活用し、データの整合性を確保します。

Automate storage tiering

迅速で柔軟な復旧が可能に

予測検索で1つのファイルを簡単に特定し、アクセスできます。エクスポートとリストアにはクラッシュコンシステントを用います。運用を継続するために、Azureの新規VMまたは管理ディスクを同じ場所に作成することも、テスト/移行のために、異なるサブスクリプションに作成することもできます。

Enable, fast, flexible recovery
CLOUD NATIVE PROTECTION

安全な仮想ワークロードとAzureのネイティブアプリケーション

Azureサブスクリプションでインフラストラクチャを継続して実行することなく、Azureの仮想マシン、管理ディスク、Azure SQLを保護できます。バックアップと復旧には、ネイティブのAzureスナップショット作成APIを活用しています。長期間実行するコンピューティングインスタンスのAzureまたはオンプレミスでの展開、管理、パッチの適用について心配はありません。

ビジネスレベルのSLAに対応

設定は数分で完了します。数日?数週間?そんなに時間はかかりません。AzureのVMを自動検索し、タグごとに保護を自動化するか、リソースグループまたはサブスクリプション内のすべてのリソースに適用を選択します。ワークロード全体にスナップショットの頻度、保持、レプリカの領域、期間を横断的に割り当てると、必要な保護機能を簡単に設定できます。

Meet business SLA

セキュアなAzure SQL

新規データベースが追加されると、そのセキュリティを確保するためシンプルにAzure SQLのデータ損失のリスクを低減し、ビジネスを進めていく要件に準拠しながらデータの安全性を保ちます。

Secure azure SQL

ファイルセットを保護

強固なNetAppの連携とネイティブ保護により、Azure NetAppファイル(ANF)を活用するAzureのファイルベースのワークロードの安全性を保ちます。

Protect your filesets

拡大する大規模環境を保護

Terraform、PowerShell、Ansible、Puppet、Chefなどとの連携により、クラウドアカウントの構築やオンボード時に、ワークフローを自動でプロビジョニングします。

Azure logos
CLOUD INSTANTIATION

クラウドでのアプリケーションの復元

Azure VMの復元が必要な場合、オンデマンドでのインスタンス化により、柔軟性を高めることが可能です。Rubrikは利用中のVMを、オンデマンドでの復旧やテスト/開発で使用できるAzureの仮想マシンに変換します。

Azure上にデータを結集

VMからAzure VMに自動で変換します。定義済みポリシーに準拠しながらや、オンデマンドで、アプリケーションデータをコンピュートインスタンスに変換するし、迅速に復旧が可能です。

停止からの復旧

ポリシーベースのリストアで、クラウド内のVM起動時の業務中断や業務停止期間の最短化を実現します。

VMとデータベースの迅速な復旧

VMとSQLデータベースをRubrikに直接ライブマウントして、ほぼゼロのRTOを達成します。クローンをオンデマンドでプロビジョニングすることで、アプリケーションのテストと開発を加速化します。

WHITE PAPER

データ管理に関する質問トップ20とその回答

人災や自然災害に備えて、データの安全性を保持し、ビジネスを確実に継続するための適切なバックアップ能力と復旧能力の評価方法をご紹介します。

Top 20 Data Management Questions Answered
DATA MANAGEMENT

全体を見渡せる管理を実現

Azure領域、サブスクリプション、テナント全体でのデータ保護と報告機能を一元管理します。

データガバナンスとコンプライアンスの達成

ポリシーエンジンを使用したシンプルな保護機能で、オンプレミス上、Azureプラットフォーム上、またはAzure Blob Storage内のデータに加えて、その他のプライベートクラウドおよびパブリッククラウドのワークロードを保護します。SLAへの準拠とインフラストラクチャの健全性が簡単に監視できます。

Achieve data governance & compliance

データを一元管理

ダッシュボードをカスタマイズすることにより、Azure、ハイブリッドクラウド、SaaSデータを横断する重大な問題が発生した際に瞬時にアラートが行われます。 もちろん、単一のコンソールからロールベースアクセス制御(RBAC)を実行可能です。

Centralize Management
Resources

関連資料