AWS向けに構築されたデータ管理

Rubrikは、クラウドネイティブアプリケーションおよびハイブリッドクラウドアプリケーション向けの一元管理機能により、AWSのバックアップ、復元、複製、検索、アーカイブ、分析を実現します。

オーケストレーションを自動化

様々なAWSアカウントやリージョンにまたがるデータの保護を自動化します。現在利用されている状態やアカウントをそのまま活用しつつ、大規模なデータ保護プロビジョニングワークフローを自動化し活用します。

ビジネスレジリエンス

書き換え不可のバックアップにより、最重要データを不正アクセスから守ります。詳細な検索と段階的な復元により、EC2インスタンスまるごと、または単一ファイルのみを即座に元の状態に戻します。

管理および可視化

オンプレミス、エッジ、AWSを横断的にそして一元的に管理可能にします。単一のポリシーベースのSLAエンジンにより運用を簡素化するとともに、ストレージ階層化することによりクラウドストレージコストを最適化します。

SaaSベースの自動検出

AWSアカウントとの連携をほんの数クリックで設定することができます。Rubrikは、Amazon EC2とRDSのインスタンス、EBSボリュームを自動検出します。対象のAWSアカウントとリージョンを特定するだけで、設定をすることが可能になります。

包括的な保護

書き換え不可のスクリーンショットとエンドツーエンドのデータ暗号化により、データを確実に保護します。さらにRubrikは、ロケーションを問わずあらゆるクラウドデータの管理ワークフロー全体において、段階的なロールベースのアクセス制御を実現します。

利用状況とコンプライアンスに関するレポート

クラウド環境全体でのデータ管理、コンプライアンス、キャパシティプランニングに関するプラットフォームの状況をリアルタイムで表示します。すべてのアカウントそしてリージョンにて取得されているバックアップがコンプライアンス要件に合致しているどうかを一括で可視化し、運用の手間を省く事が可能です。

AWSのデータをさらに活用

RDSのネイティブ保護

Rubrikの徹底的に簡素化されたアプローチを利用することにより、Amazon Relational Database Service(RDS)内のデータをバックアップおよび復元し日々の運用を効率化できます。

データのアーカイブ

予測検索によってアクセスの利便性を維持しつつ、長期保存のためアプリデータをAWSに送信します。

レプリケーション

企業ごとに最適化された形でレプリケーションを実現可能とします。統一されていないクラウドプロバイダ、同一クラウドプロバイダでの別リージョン、あるいはクラウドからオンプレミスなど、様々な環境にて対応が可能です。

バックアッププラン

オンデマンドでのインストール

Amazonクラウドを低コストのDRターゲットとバックアッププランとして利用します。新しいアプリをクラウド内でスピンアップ、またはオンプレミスの既存アプリをテストや開発用にクラウドに移行するなど柔軟な使い方が可能です。