脅威の特定

マルウェアを検知して再感染を回避

復旧の必要がないバックアップを検索し見つけることができます。VMとファイルセットを遡及することで、感染が始まったタイミングを特定して復旧中の再感染を回避できます。

img
メリット

脅威の検出と封じ込め

最初に感染したのはどのシステムか、いつ感染したかを特定するのは難しい場合があります。Rubrikの脅威の特定機能は、バックアップのスナップショットを分析して、復旧中のマルウェアへの再感染を回避するための情報を見つけることができます。

スキャンして脅威を検出

パターン、ハッシュ、ルールを使ってバックアップをスキャンすることで、セキュリティ侵害の兆候を検出します。

復旧ポイントを簡単に選定

バックアップを分析することで、復元に使用するための感染していないクリーンなスナップショットを正確に特定できます。

マルウェア再感染を回避

蓄積された情報を活用することで、マルウェアへ再感染するリスクを回避して迅速に復旧できます。
アナリストレポート

Rubrikはリーダーに選出されました。

Forrester社はForrester Wave™「Data Resilience Solution Suites」部門において、Rubrikをリーダーに選出しました。

img
マルウェアの特定

マルウェアの検知

パターン、ファイルハッシュ、YARAルールを使ってバックアップをスキャンすることで、バックアップ内の全オブジェクトを対象に、セキュリティ侵害の重要な兆候がないか探ります。

img
スナップショットによる復元

安全な復元ポイントの特定

バックアップスナップショットの時系列履歴を分析して、クリーンなスナップショットを特定します。 

img
情報

調査のためのエビデンスを記録

IOCスキャンによる情報を活用して、内外のサイバー調査中にエビデンスを提供します。

img
各種資料

関連資料を探す