体系的なアプリケーション復旧

サイバー攻撃から迅速に復旧

ランサムウェアやシステム障害などの障害発生時に稼働可能な状態へシームレスに戻すことができます。

メリット

ディザスタリカバリの自動化

フェイルオーバー/フェイルバックの仕組みを実現し、簡単に実行できる評価テストを行うことによって、ディザスタリカバリ(DR)計画に自信を持てます。 

シンプルなオーケストレーション

2回クリックするだけで、オンプレミスのDRサイト、VMware Cloud on AWS、Azure VMware Solutionに復旧できます。

DR対策の証明

アプリケーションの可用性を保証し、SLA準拠とディザスタリカバリ対策を証明できます。

攻撃からの復旧

暗号化されたデータを特定して、侵害されていないバックアップから最新のクリーンな状態を復元できます。

ホワイトペーパー

バックアップと復旧に関する顧客向けガイド

ランサムウェアやマルウェアの攻撃は今後も続くと考えられるため、ビジネスは、ライフサイクル管理を通じて攻撃手法への対策に注力する必要があります。攻撃に先手を打つ方法をご紹介します。

SaaSプラットフォーム

組み込みのDRを活用

ハードウェアや設定の追加は必要ありません。SaaSベースのRubrikプラットフォームでは、ティア1とそれ以外のティアのアプリの復元を連携できます。 

ユーザー定義のブループリント

定義済みのブループリントを活用

計画済みフェイルオーバー(アプリケーション/ワークロード/データセンター移行)、計画外のフェイルオーバー(ディザスタリカバリ)、さらにランサムウェア攻撃からのローカル復旧にブループリントを活用できます。 

ユーザー定義のブループリントとは、VMの論理コンテナのことで、ビジネスのサービスやアプリケーションを表します。ブループリントには、VMがDRサイトで利用する起動順序、ストレージ、コンピューティング、ネットワーク、ポストスクリプトが含まれています。 

スムーズなテスト

DR対策をテスト

コンプライアンス責任者や社内の経営層にDR対策を証明するという管理業務の負担を軽減できます。隔離された環境でDRテストを実行し、DRのメカニズムを作動させることで、稼働しているワークロードのセキュリティ侵害が発生していなくても、DR対策を検証できます。 

DR連携

インテリジェンスを活用した復旧

Rubrikのランサムウェア調査は、RubrikのDRソリューションと連携しており、インテリジェントなバックアップの復元を可能にします。攻撃の影響を受けたデータを特定して、最新のクリーンな状態から復元できます。