ソリューション

データリスクの削減

ランサムウェア攻撃によるビジネスの影響を最小限に抑え、増え続けるデータプライバシー規制でコンプライアンスを促進します。

ビジネスに不可欠なデータを保護

ランサム攻撃が増加し、データプライバシーの侵害が増している状況では、収益、評判、データの損失を防ぐためのツールが必要となります。Rubrikを利用すると、高速で確実な復元が実現し、非構造化バックアップデータに隠れている機密情報を検出することができます。

ダウンタイムを最小化

Rubrikのバックアップにはランサムウェアでも太刀打ちできません。データのクリーンな最新バージョンにたやすくリストアできます。

データ漏洩の特定

多くのユーザーに付与されたアクセス権や許可されていない場所に保存された機密データなど、ハイリスクデータを瞬時に可視化します。

エンドツーエンドの暗号化

Rubrikのソフトウェアプラットフォームによって読み取り、保存、または複製されたデータは、オンプレミスかクラウド内にあるかに関係なくすべて暗号化されます。

検知、保護、復元: 
最新のバックアップアプリケーションがランサムウェアからデータを保護する仕組み


Gartnerは、最新のバックアップアプリケーションがランサムウェアからどのようにデータを保護しているかについてのレポートを公開しました。攻撃の検知、バックアップリポジトリの保護、および迅速な復元を可能にするための方法について確認しましょう。

img
Gartnerの『Detect, Protect, Recover: How Modern Backup Applications Can Protect You From Ransomware』(Nik Simpson、Ron Blair、6 January 2021 GARTNER)は、米国および海外におけるGartner, Inc.とその関連会社の登録商標およびサービスであり、許可を得てここで使用しています。無断転載を禁じます。
MERCHANDISE_ASSET FILES_ATM_600x600

ランサムウェアによる書き換え不可のバックアップ


Rubrikはすべてのデータを書き換え不可な形式でネイティブに保存しているため、ランサムウェアはバックアップにアクセスしたり侵害したりすることができません。

 

1

ランサムウェアの影響評価 

 

Rubrikは攻撃の影響を受ける範囲を自動診断して、影響を受けたデータとその場所を明確に示します。窃取したデータを公開すると脅迫している最新のランサムウェアから特定の個人識別情報(PII)や保護医療情報(PHI)が流出したかどうかを特定できます。

img

監査と規制コンプライアンス 


Rubrikは、特定のタイプの機密データが保存されている場所を自動的に検出、分類、報告することで、PCI/DSS、SOX、HIPAAなどの規制やGDPRなどのデータプライバシー要件に対応することが可能です。

 

img

アクセス制御の強化


グローバルアクセス、つまり「オープンシェア」は、特定のタイプの機密データに対する攻撃や窃取の最大リスクになることがよくあります。誰が機密データにアクセスしたのかを可視化して、その人の権限をより確実に把握すれば、データ漏洩のリスクを軽減できます。

img

製品

ランサムウェア調査

影響の自動評価とワンクリック検出でランサムウェアからの復旧を迅速化できます。

機密データへのアクセス検出

許可されていない場所に保存されていたり、多くのユーザーにアクセス権が付与されている無防備な機密データを特定します。

セキュリティ体制の評価

ランサムウェア攻撃とデータ漏洩から組織を保護する方法を、ベテランのセキュリティ専門家から学びましょう。このウェビナーでは、最新の脅威情報、数多くのセキュリティオプションの中から最適なソリューションを選ぶ方法をご紹介します。

img